​ステートメント

  • SmaSurf Quick Search
  •  

天界の光景

 

ロイ・タローは天界の光景を作品によって表現する。彼はこの世界はたしかな存在だと感じる。世界が世界として目の前にあるように。一方で、彼にとっては幻想もまた真実だ。そこではあらゆる悲劇と喜劇が起きている。世界に現れる美を目撃するとき、彼は天界の色調を見る。朝靄の空に光の階梯が降りて、世界を彩っている。空には一個の巨大な青い雲が浮かんでいる。彼はその雲に天空を漂う王国を重ね合わせる。こうした光景は美だ。世界で人々は争っているが、美の前では争うことができない。ロイ・タローは一つの美を、彼のモチーフである天界の光景を通じて表現している。

© 2018 Roy Taro